爆発 1: もしも事故にあったら!
top
お帰りになられて
事故現場での処置

1.けが人を救護する

5.事故状況と目撃者の確認
1.事故報告

3.警察へ連絡する

◎交通事故でも健康保険は使えます
6.その場で示談しない

2.事故車を安全な場所へ

2.被害者に誠意をつくす
4.相手を確認する



事故現場での処置

1.けが人を救護する

救急車を呼ぶか、自分で近くの病院に運ぶなど状況によって適切な方法をとります。軽いけがでも病院に付き添い診察を受けさせるようにします。救護処置を怠ると道路交通法第72条違反となり、きびしく罰せられます。

2.事故車を安全な場所へ

  事故車をそのままにしておくと、交通渋滞や、二重事故の原因となります。とりあえず安全な場所へ移動します。ただし、被害車両を移動させる場合は、現場の状況をよく確認しておかなければなりません。

3.警察へ連絡する

 必ず警察に届けて下さい。(保険での支払いが、出来なくなります。)
警察官には、あいまいなこと言わず主張すべき点は、はっきり主張します。

4.相手を確認する

 加害事故、被害事故にかかわらず免許証などで相手の氏名住所勤務先など確認しておきます。また、相手車のナンバーも必ずメモして下さい。
相手にも保険が付いている場合は保険会社、証券番号、契約者名、連先を確認して下さい。

5.事故状況と目撃者の確認

事故の状況は、事故を解決するうえで重要です。
お互いの
スピード停止位置、信号など忘れないうちに
メモ
します。目撃者がいたら連絡先を聞いてメモしておきます。

6.その場で示談しない

対人事故、対物事故いずれの場合も事故現場では、絶対に示談しないで下さい。あわてて示談すると、法外な賠償金を要求されることになってしまいます。

 

[↑ページの先頭へ]

お帰りになられて

1.事故報告

小さな事故でも必ずご連絡ください。報告をいただき相手修理工場、事故現場など必要な調査を行います。(報告が遅れますと保険の支払いが出来なくなってしまいます。)

  連絡先:コンビニレンタカー 0120−155−840

2.被害者に誠意をつくす 

お見舞いなどを通じて被害者に十分誠意をつくします
 ・お見舞いのマナー
 ・お見舞いの品 (ただしお客様に法的責任がないときは保険金の支払対象外となる場合があります。)
 ・初回のお見舞いの時期  等に注意する。
誠意ある態度こそ円満に解決するための最良の方法です。被害者は突然の事故で、加害者への怒り、恨みもあり感情的になりがちです。そんなとき加害者は態度で誠意を示す以外にありません。時期を失せず心のこもった行動をとることが、被害者側の気持ちを次第にやわらげ
それが、後の示談をスムーズに進めることにつながります。

[↑ページの先頭へ]
     
           Copyright (C) 2008 コンビニレンタカー All Rights Reserved